スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.30 (金)
丘を下って行くと商店街のような町並みが現れます。
目指したのは映画「アメリ」で主人公アメリが働いていたお店。

「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」
画像 1528

映画をちゃんと見て行ったのでお店の中に入ると映画のセットのように感じました

ピンクの天井の可愛い店内には映画のポスターが飾られていました。
                  画像 1525

アメリが映画の中で食べていたのが「クリームブリュレ」
食べなきゃいけないでしょ~(笑;)

画像 1526  画像 1527
味はいたって普通の「クリームブリュレ」でした。

モンマルトルのもう1つの顔。ネオン街
有名なエンターテーメントショー「ムーランルージュ」はこの町で見ることが出来ます。

地下鉄はなるべく乗換えがないようにその路線の駅まで歩きます。
駅までの道、違和感を感じると思ったら・・・

まわりはネオン街 ここだけアメリカのようです。
原色のネオンがキラキラ まさにアメリカングラフティです!
周りのお店はいかがわしいSHOP  だらけ~ いや~ん

また地下鉄に乗り、夕食を予約しているお店の近くの駅まで行きます。
夕食まで時間があったので予定していたマレ地区を観光しようと、
前日と同様にレンタサイクルvelib’を借りました。

借りてすぐにポツポツと雨が・・・

おねが~い いっぱい 降らないで~~~ 

雨はドンドンひどくなっていきました・・・
途中で観光をあきらめ自転車を返す事にしました 
どこのステーションも満車で自転車を返却する事が出来ません

雨だからパリッ子達はみんな返却したんだ・・・ だから満車・・・

ステーションを探し回り自転車を返却出来ないまま、
夕食の予約の時間が来てしまいました

一旦お店に行って「自転車を返却してくるので遅れます」と伝えさらに空いてるステーションを探します。
の中約2時間探し回り、やっと空いているステーションを発見
心からとしました。異国の地でもうどうなる事かと・・・

やっと返却できた時には、もうビショビショです。
お店からはだいぶ遠くに来ていて今日もタクシーでお店に向かいましたとさ(笑;)

食べる前に運動してしまったや~ん

さぁ、晩ご飯だ~


 Cafe des deux Moulin(カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)
15 Rue Lepic 75018
tel:01 42 54 90 50
7:15~23:00 無休
スポンサーサイト
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.29 (木)
ランチを済まし「モンマルトルの丘」が近くなので歩いて目指します。
今回はまだ迷子になっていませんが、おば様が声をかけてくれて道を教えてくれました。

Merci beaucoup おば様ありがとうございました

おば様曰く「トゥクトゥクトゥクトゥク~」って行くんですって。
「トゥクトゥクトゥクトゥク~」って何?
ありました。
これが「トゥクトゥクトゥクトゥク~」なのね~画像 1520

さすが丘というだけあって登り応えのある階段です
頑張って登っちゃったわ~
階段がムリな人にはロープウェイがあるので大丈夫ですよ

画像 1522
登った先にあるのは「サクレ・クール寺院」
パリではエッフェル塔の次に高い建物だそうです。
寺院の前方右側にある馬に乗った人は「ジャンヌダルク」

寺院の正面からはパリの街が一望できます。
画像 1523

この寺院はフランスでは珍しく撮影禁止。
中の天井にはモザイク画で作られたキリスト様。とっても大きくて圧巻です。
さぶぼー出た
画像探してきました画像 1529 これでは全然伝わらないですね~

寺院の前の階段では大道芸が行われています。アンプ使って大々的にです
これが大盛り上がり すごい見物客です。フランスでは大道芸が盛んなのですよ。
画像 1521

モンマルトルは絵描きさんが沢山いる町です。ゴッホもここに住んでた事があるそうです。
寺院の横を抜けると似顔絵を描いて高額なお金を取ろうとする悪い人達が沢山います。
相手にしてはいけませよ! 
「デモンストレーション」
って言われ書いてもらう事に・・・。
つかまってる私~

これが書いてくれたアレックスです。
画像 1518 画像 1524
出来上がった絵は全体的には余り似てないんだけど・・・目は似てるかな

さぁ、書き終わって・・・無料ではないでしょう
画板の裏にあった値段の書いた紙を見せられました。

一般100ユーロ(約12,500円)、学生50ユーロ

高すぎるやろ~(笑;) 
でも「student?」って聞かれ喜ぶ私

ここで値段交渉~! 関西人パワーを発揮させなきゃ~ 負けないわよ~

英語と関西弁を駆使し、10ユーロにしてもらいました

画像 1519 テルトル広場 
本日の日記 | 日記 | 日々の日記 2010.04.27 (火)
パリ旅行日記の途中ですが、今日は普通の日記です

金曜日から食い倒れて更新できませんでした
木曜日ぶりにパソコンを開きました

金曜日は宴会で食い倒れ、土、日曜日は東京からお客様

食ベログレビュアーの Cさん。
食い倒れの2日間になりました

お店は食ベログに書くとして、食べたものは

1日目
パン  ケーキ  ネギ焼き  コーヒー  串揚げ  和食

2日目(簡単に)
ケーキ→ うどん→ たこ焼き→ ケーキ→ ケーキ→ みたらし団子→ 豚まん→ 豚まん→ たこ焼き→ アイスドッグ→ 和菓子

文字で書くともの凄いですね

1日目は観光もしたんですよ
日本初!「水陸両用バス」にも乗ったんです。
画像 1527

画像 1528 タイヤとスクリューと両方あります

運転手さんはカッパ着ぐるみを着ての運転です。
陸の運転手さんと川の運転手さんは交代されるんですよ。免許の都合ですかね

大阪市内を走り、川にザブ~ン
関西人もはしゃぐ・・・ そしてミナミの町をひと回りします。80分の観光コース。

この日はとっても寒くて、窓のない車体はとっても寒かったよぉ~

新世界にも行って来ました
通天閣は折角なので展望台にも登って来ました。何年ぶりだろ~

通天閣の守り神ビリケンサンは長年みんなに触られまくりで、足の裏へっこんじゃってました。
画像 1525

通天閣から見た夕景はとってもキレイでしたよ
画像 1526

今日、帰宅して通天閣でもらった模型を組み立ててみました。
簡単に出来るだろうと思っていたら、1時間もかかっちゃったよ
なかなか上手に出来たでしょ画像 1524

この3日間ハードスケジュール + 満腹だったけど
とっても充実してて楽しかったです。

お会いできた皆様、ありがとうございました
とっても楽しかったです

そして東京から来てくれたCさん 二日間お疲れ様でした。お腹大丈夫だったかな
楽しかったよ~ また来てね

さぁ~ダイエットだ~
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.21 (水)
地下鉄を出てお店に向かって歩きます。
この町、ガラが悪いかも~
怖い道は、早歩き。 競歩?

駅から遠くもなく、迷いもせず行く事が出来ました 

画像 1523 車じゃまだな~

「フィガロジャポン」
に載っていたお店です。

この日は朝からベルサイユ、初めての地下鉄、その後のランチという事で
何時に訪問できるか時間が読めなかったので、予約せずに行って来ました

雑誌では「ミシュラン☆近し」って書いてあったんですよ
期待しちゃいます~

画像 1521 お店は壁の色が黄緑色だったり、お花が飾ってあったりとっても可愛いです。

お客さんは、地元の方だろうな~って感じの方ばかり。
注文はお勧めメニューを注文しました。

画像 1518 画像 1520

画像 1519
はじめに出てきたのがこちら、
下には何かのお肉を砕いてあって、ツナのような食感になってます。味はしっかりしてます。
上にはマッシュポテト。
上下とも柔らかくて歯ごたえはないものの、濃い味と、柔らかい味が一緒になって
美味しい~~~
何の肉か?そんなの聞ける語学力ありません(笑;)

これがメインで、後はデザートです。
折角行ったので、もうちょっと色んな料理を食べたかったのですが、なんせ、喋れませんし
けっこうメインでお腹がよくなってます

画像 1522
デザートです。可愛い~
フランスのデザートは何種類も出してくれるから嬉しいです

チョコのムース 上に胡椒の実を揚げたようなのがのってます。
食感も良くて美味しかった~。
白いのはメレンゲ、食べると口の中で広がってシュワシュワ~って消えちゃいます。
デザート全部美味しい~~~

フランスではコーヒーは基本エスプレッソ。
普段ミルクを入れたい私ですが、甘いものにエスプレッソは良く合います。

夜の料理も食べてみたくなちゃうお店でした。
でも、夜この辺り怖いな~(笑;)



 La Table d'Eugène (ラ・ダーブル・デュジェーヌ)
18, rue Eugène-Sue, Paris 75018
TEL 01-42-55-61-64.
Tue-Sat 12:00-14:00 19:30-23:00



海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.20 (火)
いよいよ地下鉄に乗ります。

切符販売機でも切符は買えますが、パリの人達は駅員さんから買う方が好きみたいです

あえて自販機に挑戦 

画面のどこを触っても行き先の駅名が出てきません
横にいた駅員さんに聞くとボタンを押してくれて、切符が出てきました。
よーく見てたんだけど、ボタンは1つ

後で分かった事ですが、 市内均一運賃だった~

いよいよホームに降りていきます。
画像 1603 怖くて写真ぼけてるよ~
暗くて狭くて色も怖いよ~

ホームは明るかったです(笑;)
電車がやってきました。
画像 1602 ビビッテ写真ぼけてるよ~

フランスの地下鉄のドアは自動では開きません。
ボタンを押すか、レバーをクリッて回すかで開きます。
ボーっとしてたら乗れないし、降りれませんよ~。閉まるのは自動で閉まってくれます。

車内はとっても狭いです。

フランスの地下鉄はスリだらけなんですって
気をつけないと・・・


あまり人に近づくのは怖いです
実際やたらと人のカバンを見ながら車内をウロウロしてる怪しい人いました

ひと車両に1人必ず不思議な人がいます
・ただただお金を欲しがる人
・何か怒ってる人
・アンプつきマイクつきギターで歌ってる人 結構上手だったよ(笑;)
・芸をしてる人

最終的にはみんな「お金をくれ」って回ってきます。
公演中も目を合わせてはいけません お金もあげられないし、そんなのに見とれてたらスリに合っちゃいます

無事に目的の駅に着きました~
怖いのでさっさと地上に出ましょう(笑;)

一度乗ったら怖くなくなってくるもので、この後も地下鉄を何度か利用しました。

やっとランチタイムです

海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.19 (月)
ベルサイユから帰ってきてランチタイムです。

今からランチのお店まで初めて地下鉄に乗っちゃいます

パリの「地下鉄は怖い」っていう噂でビビリまくりながらの挑戦です
そんな怖い地下鉄にイザッって時に友達の発言、行動に驚きました。

カチ-ン・・・  はあ゛~っつ 

・・・言い返したい気持ちをぐっと押えました。
折角旅行に来てるんだしね。

詳しいことは差し控えますが・・・ 


ここからは友達へのメッセージです。ブラックゆっきー登場です
気づいてないかもしれないけど、旅行中いろんな文句を大量に言ってたなぁ~
ず~っと文句聞かされてる方はたまりませんで~
ほんま超気分悪かったわ。

文句ばっかり言ってるから 
クチビル 腫れたんや~!


ウヒョヒョヒョ~
だっ



注意:この件に関し当人からの苦情は受け付けませ~ん。




このブログを読まれてる方は心配しないで下さいね
20年も付き合ってる友達なので、こんな言い合いはしょっちゅうです。
馴れ合い過ぎてお互い甘えてるんでしょうね。
友達ばかりが悪いんじゃないと思います。
でも、今までも、これからも、ずっと友達だから言いたかったんです



海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.18 (日)
ベルサイユ宮殿を後にし次に向かうのは「マルシェ」

マルシェ=市場 は色んな所にありますが、連れて行ってもらったのは
ベルサイユ市にあるマルシェです。
(ベルサイユ市っていい響きじゃないですかベルサイユ市在住とかって言ってみたい

マルシェ到着~
テントが沢山張ってあって、その下にお店があります。
日本の夜店見たいな感じ。
いろんなお店があって見てるだけでも楽しいですよ~
フランスの物価は日本の2割り増しぐらいなので、どの名品物も少し高く感じちゃいます

画像 1578 画像 1575
沢山の果物がきっちり並べられています
右の写真はキノコ屋さんなのです。見た事がないキノコがいっぱいだ~

画像 1573    画像 1572
燻製屋さんです。サラミとかが沢山ありました。

画像 1574 画像 1576 
チーズ屋さんですよ日本では沢山のチーズを一度に買おうとしたらチーズ専門店に行かないと買えないけどフランスでは市場で普通に売ってます
トムとジェリーに出てきそうなチーズ・・・

えっ 若い子はトムとジェリー知らない

ジェネーレーションギャップ プ・プ・プ~っだっつ


画像 1579
マルシェで塩キャラメルクレープ食べました
キャラメルは思ったほど濃くなくあっさり食べれました

市場を後にしてパリに戻ります
お昼からはまたまた大冒険です
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.17 (土)
今日も午前中はこちらにお世話になります。
Emi TRAVEL  http://www.emitravel.jp/top.php 

ベルサイユ宮殿&マルシェ(朝市)ツアー

朝8:20集合でバス  に乗って行きます。
結構人気で満席でした。

ベルサイユまで1時間ぐらいで到着です。
出発時にには曇っていた 空もベルサイユに着いたときにはいいお天気
画像 1563 さすが晴れ女 雲が右へと逃げていく(笑;)

画像 1564
門は最近塗りなおししたらしく、金ピカ~ 

画像 1567 画像 1565
宮殿内はこの上ない豪華さです。
どこもかしこもキラキラピカピカ /シャンデリアも大きくてキラキラ~ 

画像 1566 
晩餐会などに使われた大広間。一番きらびやかなお部屋でした

画像 1569 画像 1568
ここがマリーアントワネットの寝室です。ベット上には羽がついてる~。
お部屋のソファーや壁紙、小花柄でとっても可愛い~

画像 1570
見える範囲全部ベルサイユ宮殿のお庭です。ひろい・・・(笑;) 

画像 1571
お庭の植木の模様も凝ってますね~

ベルサイユ宮殿は何処もかしこもキラキラピカピカ 当時の贅沢の面影が残ってます。
今まで私が見た建築物の中では最強ピカピカです  

常に補修されていてお部屋も当時のまま保存されているのではなく、
古くなったところは修復し常にベルサイユ宮殿が栄えてた頃のようにされているようです。
まだまだ修復されていない未公開部屋もあって徐々に補修して公開されるそうですよ。

海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.15 (木)
自転車で夕食の場所まで行きます 
地図を見ながらの自転車移動は大変で、途中何度も止まって確認しますが、
ついに自分がどこにいるかわからなくなり、迷子になってしまいました

地図を片手にキョロキョロしていると 
バス停前でおじいちゃんに声をかけられ、親切に教えていただきました。

Merci beaucoup おじいちゃんありがとうございました


無事にお店に着きました。まだお客さんはいません一番乗りです。
「La Cantine du Troquet」(ラ・ターブル・デュジェーヌ)
画像 1532 画像 1533
バスク料理中心のビストロです。

フランスの人達の夕食開始時間は遅く、20時ぐらいから。
こちらのお店は人気店なのに予約はとってなく、
確実に入れるように開店時間の19時に行って来ました。

フランス語のメニューはまったく読めず
お店のお姉さんに薦められるまま「シェフのお勧めコース」
30ユーロを注文。(約3,800円ぐらい)

このお姉さんはシェフの妹さんらしく、言葉の分からない私達に一生懸命英語で説明してくれました。

Merci beaucoup 働き者の優しいお姉さんありがとうございました

画像 1534 画像 1536
スープ/サラダ(卵と人参だけってあり~?!(笑;))

画像 1535 画像 1537
ロックフォールに自家製マヨネーズを混ぜ込み上にトマトをのせたもの/オリジナルマヨネーズ

画像 1538 画像 1539
エビのグリル/パン パンは何処のお店も美味しいのです。

画像 1540 画像 1541
魚料理(何だったかは忘れちゃった~)/チリソースをかけていただきます。

画像 1542
これが一番好きでした~ 自家製ソーセージにレンズ豆がしきつめられています。
ソーセージは肉の味がとっても濃いく出ててジューシー
辛いのだけど(塩分辛い)旨味がいっぱいで「カラ・旨・カラ・旨」
美味しい~~~

画像 1543 チーズはフランスではフロマージュといいます。デザートの一部として出てくるんですよ。

画像 1544
デザート お米のクリーム煮みたいなのにチョコアイスがのってます。フランスで流行ってるのでしょうか?他のお店でも出てきました。

あと、テリーヌ3種もあったけど、写真撮るの忘れちゃった
フランスの料理は味が濃くて量が多い・・・噂通り、どの料理もボリューム満点
どの料理もとっても美味しくて
大満足でした。

帰りはまた自転車で帰ります 
これが迷宮への入り口でした・・・

地図を見ながら順調に機嫌よくドンドン進む私達。
途中また自分が何処にいるのか、地図から見失ってしまいました。

ここでも家族ずれの親切なお父さんに道を教えていただきました。

Merci beaucoup おとうさんありがとうございました

た~い~へ~ん 

まったく逆に進んでいたようです 元きた道を戻り、軌道修正し進んでるはずでした。
しばらく進むと地下鉄の駅があったので地図で確認すると・・・
また変な方向に進んでる~・・・

あ、あ、ホテルがドンドン遠くなる・・・
テンション、気力、体力 すべて落ち果てて、あきらめて自転車を返却しタクシーで帰りましたとさ(笑;)

食べた分ちゃんと消費出来ちゃったよ~~~ 

 La Cantine du Troquet (ラ・ターブル・デュジェーヌ)
101 rue de l’Ouest 75014 Paris
Tel: 01 45 40 04 98
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.04.13 (火)
シテ島を後にし、次はカフェに向かいます。
もちろん自転車です 

今度はやや長距離です。
地図を見ながら行きます。
どうも、地図の位置に目的のお店がありません
自転車を一旦返却して歩いて探します。

ウロウロウロウロ、何度も同じ道を行ったり来たり・・・
最後は親切なフランスマダムに教えていただきました。

Merci beaucoup マダムありがとうございました

目指していたのがこちらのお店「Carl Marletti (カール・マルレッティ)」
2009年パティスリーオブザイヤーに選ばれたのお店です。
画像 1526 画像 1527

このお店を調べた時はちょっとしたお茶するスペースがあったからこそ、行く事を決めたのに

カフェスペースなくなってるや~ん 

自転車こいでめっちゃ咽渇いてるのに~

取りあえず、賞をとったというミルフィーユを買って
隣にあった店員が無愛想なカフェで咽を潤しました

ミルフィーユは自転車で揺られ、型崩れしてしまいましたが、大丈夫
中が甘すぎないキャラメルクリームでパイの部分はサクサクとっても美味しかったです。
賞をとったのはミルフィーユのカスタードクリームです。

以後、私が楽しみにしていたフランスの鮮やかなケーキ達を食べるチャンスは訪れませんでした・・・

折角なので辺りを散策。画像 1531 商店街発見です。

まず目に入ったのはチーズ屋さん。
画像 1529外観も可愛い~。

    画像 1528
ま~沢山の種類のチーズ達
折角なのでチーズを購入する事にしました。どれがいいか判らず・・・
困った時のカマンベールチーズです。
画像 1545 画像 1546
味は塩分がとっても濃くて、臭みが強いです。
日本で売ってるカマンベールチーズは日本人向けに出来てるんですね~。
フランスに住んでいる日本人は、日本のカマンベールチーズは薄くて食べられないそうですよ。

八百屋さんには、見た事のない野菜が沢~山 
画像 1530
自分でビニールを持って、野菜をそこに入れてお勘定してもらうシステムのようです。
知らずに・・・
横にいたお兄さんに「これちょうだい」って言って袋に入れてもらっちゃた~
買い物に来ていたお客さんだったわよ~(笑;)

Merci beaucoup お兄さん!ありがとうございました

パンを買って、郵便局で切手を買って(友達指令 その1:パリからハガキを送る事)
また自転車に乗り  夕食のお店に向かうのでした。


 Carl Marletti (カール・マルレッティ)
51,rue Censier 75005
tel: 01 43 31 68 12
Tue-Sat 10:00-20:00
Sun 10:00-14:00


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。