スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.30 (日)
画像 1574

モンサンミッシェルの存在やTVや雑誌で見た事があっても
「モンサンミッシェル」っていったい何なん? 
って聞かれることたまにありました。

あいまいも何なんで、ちゃんと調べちゃったよ。
お子ちゃまにも分かりやすくちょっとだけ説明しますね。


 モンサンミッシェルとは 

サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院です。
元はただの岩山。

大天使ミカエルがオベール司教の夢に現れ「自分を祀る聖堂を建てなさい」というお告げにより建てられた聖堂です。
何年もかかって聖堂の回りに修道院や教会などが建築され、お城のようにどんどん大きくなっていきました。

その後、戦争(フランス革命)勃発。修道院は閉鎖され戦いのための要塞となりました。
戦争が終わりモンサンミッシェルは監獄として使われました。
ナポレオン3世が監獄を廃止し、その後修復が進み修道院は再開されました。
1979年「モンサンミッシェルとその湾」として世界遺産に登録されました。

こんな感じなんだけど・・・
大分省略したので、分かるように説明出来てるかな~
画像 1577  画像 1576


これから修道院の中に入っていきます。
中には色んな用途として使われたモンサンミッシェルの歴史がつまっていましたよ。

          画像 1575
          海に写るモンサンミッシェルの影

画像 1579 モンサンミッシェルのてっぺんに何かあるのは気づいてましたか
この写真はてっぺんにあるのと同じ大天使ミカエルです。
この像は石像ですが、てっぺんのにある本物は金ピカです。
本物の金かな~  



スポンサーサイト
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.29 (土)
さぁいよいよモンサンミッシェルの中に入っていきます

入ってすぐはおみやげ物屋さんやレストランなどがあります。
さらに進んでいくと入場料を払って入る「修道院」があります。
画像 1567      画像 1563
 
画像 1562 島の周りは海で潮の干満の差は激しいところで15mあるそうです。
昔は海に浮かぶ孤島だったんですよ。
島と陸つづきの道を作ったため水の流れが変ってしまい、砂が溜まってしまってこのままだと回り一帯陸続きになっちゃうそうです。
そこで、道をなくして橋にする予定なんですって

画像 1566      画像 1565
戦争の時にここから大砲を撃ってたそうです。

       画像 1564  画像 1569
沢山の階段を登って上に進んでいきます。

画像 1568              画像 1571
要塞の面影が沢山残ってます。

画像 1570   画像 1572

               画像 1573
                だいぶ上まで登ってきましたよ


海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.26 (水)
ホテルでの朝食はバイキング方式です。

画像 1549

日本のバイキングの朝食と違って種類は多くありません。

パン(パンは種類が沢山ありました) チーズ、ハム、ヨーグルトぐらいかな~。

          ハチミツ発見 画像 1552

このハチミツ、濃すぎず、ちょっと花の香りがして美味しい~~~

買って帰りたい

名前は・・・ ラベル~破れてて見えないや~ん
ガイドさんを巻き込んで見てもらいますが・・・

ガイドさん・・・老眼のため字が小さすぎで見えない
ホテルのお母さん・・・同じく老眼のため字が小さすぎで見えない
私・・・フランス語が読めない

・・・という事で全滅 

特別なハチミツではなく、スーパーで売ってるという事なので帰るまでに買おうっと

・・・イロイロ探しましたがこれ以後このハチミツを見かけることはありませんでした
残念 日本で売ってないのかな~

発見された方ご一報お待ちしております 

さぁ、ホテルを出発し  モンサンミッシェルに向かいます。

おはよ~ モンサンミッシェル~ 画像 1550
夜が空けて昨晩とはまったく違う雰囲気のモンサンミシェルです。

          画像 1551


海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.24 (月)
車  で15分ほどのモンサンミッシェルに向かいます。

中学生の頃、TVで見たモンサンミッシェル・・・
鳥肌立っちゃった

今のこの現代に、海の中にぽつんとこんな神秘的な建物が実在するなんて~
それからず~っと、ず~っと本物を見てみたかったんです

今日、やっと会えます  


モンサンミッシェルは元は海に浮かぶ島だったのですが、
今は対岸から島に向かう道が作られ陸続きになっています。

その島へ向かう道は灯もなく真っ暗・・・。
ガイドさんから何回も言われる注意事項です。

「写真の撮影Spotでバスを止めますが絶対にバスの幅より横に出ないで下さい」

理由は・・・道が真っ暗なため人が歩いてても分からなく、よく人がひかれるそうです
こ、こ、怖いじゃないですか~
気をつけないと・・・

車中  モンサンミッシェルが見えてきました。
どんどん近づいていき、バスがとまりました。外に出ます。

うわぁ~~~
モンサンミッシェル~ 本物~
  ウルウル
画像 1566
ずっと憧れてきたモンサンミッシェル・・・
とうとう会いに来ちゃった~
  ウルウル

胸いっぱいでウルウルしすぎで視界がぼやけちゃってます。
さぶいぼ出まくりです 

 写真がちゃんと撮れてない 
デジカメの夜景モードは距離がありすぎるとこれが限界で・・・

ジャ~ン どうだ~ 画像拝借してきました
                画像 1570 
                私の目にはこう見えてるんですよ。

空を見上げると月と満点の星

やばすぎる~ウルウル 感動しまくりです

しばらく写真撮影した後、いよいよ夜のモンサンミッシェルの中に入ります。
画像 1567

夜のモンサンミッシェルは静かで不気味さも感じます。画像 1564 

画像 1568
月とモンサンミッシェル

画像 1563

夜のモンサンミッシェルに入るなんてツアーじゃないと怖くてムリですね~
神秘的な夜のモンサンミッシェル
貴重な体験させていただきました

モンサンミッシェル~また明日戻ってくるからね~ 
海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.23 (日)
バスはモンサンミッシェルに向けて走ります 

車中ガイドさんが「モンサンミッシェル見えてきましたよ~」
って言うので見たら豆粒ほどのモンサンミシェル
ん〃~ 
初めて対面するときはどれだけ感動するのかな~って思ってたけど、
豆粒のモンサンミッシェルに 小さすぎで感動薄 

それ以後大きなモンサンミッシェルは見えぬまま、
19時過ぎにモンサンミッシェルから車で15分ほどのホテルに到着
画像 1554 画像 1553 
ホテルとツアーバス

チェックインを済まし、すぐにホテル内のラウンジで夕食です。
お部屋はとってもきれいな広めのお部屋でした

        画像 1556 画像 1557
左:ミネラルウォーター
右:アルコール入りのシードル アルコールは別料金です。

画像 1559 画像 1558
左:野菜のテリーヌ 赤ピーマンのクリーソース添え
  ってもらったメモには書いてあったんですけど
  え~っと テリーヌに何のソースも添えられてないです
  忘れはったんやね~

画像 1560
メイン:白身魚のロースト、小野菜添え
下にライスがありました。タイ米かな~? 細長いお米でした。

画像 1561 画像 1562
左:クリームブリュレ
右:コーヒー(フランスは基本エスプレッソです)

日本人に合うようにすべて薄味にしてありました。
この何日かガッツリ濃い味のフレンチを食べてきた私には物足りなかったな~

でも、ここで食事をしてパリで美味しいものばかり食べてた事に気づきました
良かった~ 美味しいもん食べれてて 

食事を済ませ、
さぁ憧れの
モンサンミッシェルへ向かいましょう


海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.22 (土)
城下町アンボワーズを後にしてフジェールに向かいました。

画像 1551
ここフジェールは西ヨーロッパ随一の防衛都市でした 


画像 1552 画像 1536
 フジェール城  

5世紀ブルターニュを守るための要塞として築かれたフジェール城は
今までの綺麗なお城とはだいぶ雰囲気が違います。
城という名前ですが華やかさはなく、要塞。
夕景も手伝ってとっても神秘的でした~ 画像 1537
                            水に映るフジェール城

画像 1538 お城の中は見学しませんでしたが外からでも十分素敵です。

画像 1539
めちゃめちゃキレイ~

うっとりしちゃう~ 画像 1540



画像 1542


          画像 1543
いよいよモンサンミッシェルに向かいます 


海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.21 (金)
ランチ  に訪れたのが小さな町「アンボワーズ」です。

フランボワーズみたいで可愛い名前ですね~ 
町の建物の造りもとっても可愛かったです。

           画像 1544

ガイドさんに勧められるままガレットのお店に入りました。
画像 1534

人気者のお店のようで満席です。
甘くないガレットと飲物のセットを注文。
シードルがピッチャーで出てきました画像 1529
リンゴジュースです。
このシードル微炭酸で美味しい~~~
アルコールは入っていません。いくらでもゴクゴク飲めちゃいそうです

ガレットが登場です。画像 1530

画像 1531
ガレットにはベーコン、チーズ、キノコなどなどが入ってます。
1枚で十分お腹はいい感じに膨れてきます。

デザートがついてました!
画像 1532 画像 1533
ジャーンガレットです・・・
うける~   ガレットのデザートにガレットです

ついているクリームもこぶし大あります
見た目とは違って甘さ控え目で美味しかったですよ


食事したお店のすぐそばに小さなお城があります。
画像 1535
このお城、レオナルド・ダ・ヴィンチが眠る城なんです。
意外と知られてないそうです。

時間もなく、お城の中には入れませんでした
だって、ガイドさんランチかお城見学かどっちかしか時間ないって言うんですもの~。
ランチでしょ~

アンボワーズの空画像 1546




本日の日記 | 日記 | 日々の日記 2010.05.20 (木)
8年間、私の部屋でずっと緑を絶やさずに頑張ってくれた観葉植物  が

最近お亡くなりになりました

買って来た時は10cmぐらいだったのに、
8年間、縦に縦に成長して30cmぐらいにまでなったんだけど、
伸びすぎだよ~
上まで水を吸いきらなくなっちゃった・・・

毎年、春になると黄緑色の新芽を出してくれてたのに・・・
今年はなかったね~・・・

8年間ありがとう キミのおかげで随分いやされました。


・・・という事で


新しい観葉植物買ってきました 

画像 1544

これからよろしく~


海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.18 (火)
今日はいよいよモンサンミッシェルに向かいます。
折角なのでパリに大きな荷物  は置いたままで1泊してきます。

今回もこちらにお世話になりました。
Emi TRAVEL  http://www.emitravel.jp/top.php 

モンサンミッシェルの夜とロワール古城めぐり

この日は今までで集合時間が一番早く朝7:00集合でバス  に乗って行きます。
集合場所に到着したら  バス3台!
さすが、モンサンミシェル人気者だわ~ん って思ってたら

2台は日帰りツアーバスでした。それも満席です。
日帰ツアーの皆さんはノンストップ往復8時間です
そんな大変な思いをしてまでモンサンミッシェルに会いたいって気持ち分かりますよ~
同じですもんね

私達の乗る1泊ツアーバスは1台。
ツアー客も座席の半分ぐらいの人数でゆったり快適に乗れました

私達は寄り道コースなのでモンサンミッシェルには夜到着します。
その寄り道も楽しみ

フランス旅行の一番の目的がモンサンミッシェルに会いに行く事
私達にベストなこのコースにあわせて旅行の日程もスケジュールも組んだぐらいです

バスに乗って早速 朝ごはんを食べます
昨日POILANE(ポワラーヌ)で買ったパンです。
画像 1519 画像 1518
フランスはリンゴの生産量が多い国で、リンゴを使った料理やお酒(シードル)などが沢山販売されています。
写真左:リンゴを摩り下ろしジャム状にしたペーストが入ってました。
写真右:クロワッサン風サクサクした生地で角切りリンゴが調理されたものがゴロゴロ入ってました。
どちらも美味しかったです

 車内飲食禁止 早く言ってくださいよ~
もう食べちゃったよ~

  バスは高速道路をドンドン進んでいきます。
フランスの高速道の制限速度は130キロなんですよ。早いですね~
実際は150キロぐらいで走行してます。

 豆知識
フランスの高速道路、市内の運賃はとっても安いそうです。郊外は高い。日本と逆ですね。
安い理由は高速道路を作る際の土地買収の際、二束三文の値段で国に無理やり買収されるそうです
元の費用が抑えられているため安くできるそうです。
日本もそうしたら・・・ 反乱起きますね  


バスはロワール河流域に入っていきます。
バスの中から見る景色も素敵です
普通にお城とか建ってるんです。昔はお金持ちはみんなお城に住んでいたのですね。

一つ目の目的地に到着しました。
画像 1521
シャンボール城
建築開始から完成まで139年もかかちゃったんですって。
実物を離れた所から見るとまるでおもちゃのようでしたよ。
世界のミニチュア建築とか・・・(笑;)


画像 1522 画像 1523
次に向かったのはシュノンソー城 
                  画像 1524 
改修工事のため網がかかっちゃってますが、
花の咲く時期の庭園は色んな花が咲きとっても綺麗だそうです

この庭園、昔ここに住んでいたアンリ2世の妻と愛人が張り合って造った庭なんですって
昔は本妻と愛人 同じ城に住んでたんですね~。
女の戦いですぞ~ 
その愛人ディアーヌは王アンリ2世より19歳も年上で
とっても若く見える綺麗な人だったそうです。

自分よりも年上の愛人なんて そりゃ、本妻も頑張っちゃいます・・・(笑;)

               画像 1525
画像 1526 画像 1527
中にある礼拝堂はステンドグラスがとっても綺麗でした
階段も照明の使い具合が素敵です。

何代にもわたり女性城主が君臨したお城なだけあってとっても女性らしさがあふれる優美なお城でした。

シュノンソー城を後にし、アンボワーズの町で昼食です



海外旅行記 | 旅行 | 旅行 2010.05.16 (日)
夕食も終わり、予定していた船で帰ろうと、
エッフェル塔近くの船着場「Tour Eiffel」に歩いて向かいます。

気になるのは船のパンフレットには
3/19からWeekendは10:00-21:30って書いてある事。
この時 3/20土曜日 時間は21時過ぎ。
でも 21:30に何処出発な~ん 21:30にはどこかで終わるって事~
まずは行って見ようって事で歩きますが・・・

どんどん雨  はひどくなっていきます。数メートル前が見えないぐらいの大雨
まるで 「今日一日降るの我慢したってんから1日分降ったるで~」 って感じで
(なぜ関西弁

これをバケツ をひっくり返したような雨と言わずなんと言えよう~
(なぜ時代劇言葉

晴れ女の私もこの雨にはかないません
履いてたブーツは床上浸水してきて靴の中グチョグチョです

エッフェル塔がライトアップされてました。
傘さしながら、雨の中、上向いて、カメラ濡れないように撮るの大変だった・・・
やめればいいのにね~。 だってライトアップのエッフェル塔撮りたかったんだもん

     画像 1518
エッフル塔ってビ~ム出してるって知ってた ビ~ムは回転してるんだよ

やっと船着場に到着です。

真っ暗~ ・・・ 終了。  終わっちゃているようです

隣にも違う会社の船着場があります。
まだ営業中のバトーパリジャンに乗る事にしました。

乗船したら、乗船員の男に「こっちに来い」って止められて何やら言ってきます。
「お前たちはこの船に乗れない なぜなら日本人だから」って言ってるようです。

はぁ"~っつ  こんなところで人種差別ですか
いいですけど、お金返してください。 「come back money」 って言うと

その男、笑いながら「ジョーク!ジョーク!」 だって~ ムカつく~ 

座席に座ってるとその乗船員の男は こっちを見てニヤニヤしてます。 ムカつく~ 

船が進みだしました。
しばらくして気づきましたよ。この船って観光船や~ん
どこにも止まらずセーヌ川を一周してまたここに戻ってきます。
本日、セーヌ川2週目です・・・。 

夜景綺麗けど・・・。
雨に濡れたし、
髪も湿気でフニャフニャだし、
靴の中グチョグチョだし、
さっきの外人はムカつくし、
デジカメの充電きれたし、
まだ雨降ってるし、
トイレに行きたいのに、これから1時間船の中だし

テンションMAX下がりきった~

席から動けません

唯一の救いはウロウロしてた友達が船内にトイレ発見してくれました
助かった~

・・・そして1時間 出発地と同じ場所に戻ってきました。

エッフェル塔がキラキラしてます。
画像 1519
1時間に1回ダイヤモンドをちりばめたように、きらきらと輝きます
点滅しながら光るんですよ。
ダイヤモンドフラッシュって言うそうです
素敵ですね~

さて、雨はまだまだ止みません。
もう、今日もタクシーで帰ります。
タクシーは初日の空港→ホテルまでしか乗らないはずだったのに結局毎日タクシー帰り

疲れた1日でした。
部屋帰ってブーツ乾かさなきゃ~


そうそう。
乗れなかったバトビュスを日本に帰って調べたら
この日は「Tour Eiffel」19:00発が最終だったもようです。
21:30までってゆうのは6~8月と4、5、9月の週末のみだって。
全然間に合ってないね(笑;)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。